第2のマライア!?人気海外ドラマFifty Shades Freedで人気急上昇! アメリカの若手歌姫Kiana LedéのChillな新曲「EX」

第2のマライア!?人気海外ドラマFifty Shades Freedで人気急上昇! アメリカの若手歌姫Kiana LedéのChillな新曲「EX」

Kiana Ledé(別名キアナブラウン)はアメリカの女優/シンガーである。

彼女の新曲がとてもChillなトラックなので紹介したい。

 

美しすぎるハイトーンボイスがなんとも心地よく、滑らかに耳に入ってくる。

幼い頃から、ボイストレーニングを受けていたとあって、高音かつ滑らかすぎる歌声は、近年のアーティストの中でも抜きん出ている。

サビに入るまでのリズム感も心地よく、サビに入ってから彼女のハイトーンボイスで気持ちよさは頂点に達する。

まさにマライアキャリーを彷彿とさせる歌いっぷりである。

彼女の驚きの歌唱力は、ライブでこそ発揮する。この新曲[EX]のライブ映像は残念ながらまだ出ていないが、歌詞紹介チャンネル『Genius』の歌詞の意味を紹介しながらアカペラで歌っているので、チェックしてみて欲しい。

アカペラであるのにも関わらず、CD音源よりも、クオリティが高いのではないかと思ってしまうほど美しい。

ちなみに、「EX」とは元カレ、元カノ等の意味であるが、この動画で彼女はこの曲についてこういっている。

“彼と別れる時に、こう言ったの。このままあなたと話せなくなるとは嫌。今貴方にイラついてるかもしれないけど、友達と恋人を同時に失うのは辛すぎる。って”

この言葉どおり、この曲は、別れたとしても、友達でいたい。元カノとして忘れられたくないと、という歌である。

サビの部分の和訳を紹介しよう。※意訳
I don’t wanna be your ex

あなたの“元”カノにはなりたくないの
We way too good at being friends

友達としても気が合いすぎるから。
Can we still hangout

もう一緒に遊べない?
On the low, get wild

ばれないように、ワイルドに
I don’t wanna be your, I don’t wanna be your

嫌なのよ。 なりたくないの

Hit ya girl up with a text, when

メールをくれるだけでいいの

you’re alone and feeling stressed

貴方が寂しくて、ストレスがたまっているときにね。
I don’t gotta be in love with you, to

love you

愛したり、愛されたりする関係じゃなくてもいい。

I don’t wanna be your, so don’t

だからお願い

treat me like your

E-e-e-e, e-e-ex

“元”カノとは言わないで
I don’t want to be your
E-e-e-e, e-e-ex

せめて繋がっていたいのよ。


Kiana Ledéの渾身のラブソング。

はかない女性心を歌った歌詞と、彼女の歌声があなたを包み込むに違いない。

これから必ず勢いがでてくるアーティストなので、これからも目が離せない。

R&B/Soulカテゴリの最新記事