映画Ugly Dollsにも参加!勢い止まらぬボーイズバンドWhy Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)

  • 2018.09.13
  • Pop
映画Ugly Dollsにも参加!勢い止まらぬボーイズバンドWhy Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)

2016年に結成して、まだ少ししかたっていないが、全世界で人気が急上昇しているボーイズバンドが、映画「Ugle Dolls」のサントラに参加することが決まった。

今年のWhy Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)の勢いはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いである!

平均年齢19才の彼らは元々、それぞれyoutubeやSNSなどを通じて音楽活動をしていた中、知り合ってグループを結成しています。あのエド・シーランも楽曲提供しており、彼らの歌唱力を評価している。

名前の由来は、バンドの結成時に由来していて英語の「Why Don’t We〜しない?」僕たちバンドを組まない?という言葉から始まったのだそうだ。

デビューから、世界中ファンを増やし、活動していく中でTalk, Hookedなどが、起爆剤となり、日本でも人気が増え、かの有名情報番組、スッキリでも取り上げられ、去年の8月、summer sonicにも出演したので、さらに日本での人気に拍車がかかることだろう。

そして満を持して、彼らの初のデビューフルアルバム8 lettersが発売された。

このアルバムのテーマとなる、8 lettersとは i love youという意味があり、なぜあのとき愛してると言わなかったんだろう。というような儚いラブソングとなっている。

現在USを中心に活躍している彼らだが、現在ワールドツアーを行っている

若い彼らは、この先もさらに世界を熱狂させるボーイズバンドになるに違いない。

歌唱力抜群のアコースティックバージョンの動画はこちら。

 

そして2019年映画Ugly Dolls(日本での公開日は未定)の劇中歌を担当することに決まった。

Ugly Dollsを直訳すると「醜い人形たち」

しかし彼らの楽曲は「Don’t Change」そのままでいいんだよというメッセージになっている。

 

映画の世界観を取り入れたMVに仕上がっており、メンバーの一人一人が登場キャラクターの色に合わせた服装になっている。

このSNSの発達した社会で、自身の外見にコンプレックスを持ってしまう人も少なくない。

そういう時代だからこそ、この映画と彼らが放つメッセージに耳を傾けてみてほしい。

Popカテゴリの最新記事