Hippo Campus(ヒッポー・キャンパス)|ミネソタが生んだ実力派インディーポップバンド

  • 2019.01.15
  • Pop
Hippo Campus(ヒッポー・キャンパス)|ミネソタが生んだ実力派インディーポップバンド

シティーポップ好きなら外せないインディーポップバンドのHippo Campus(ヒッポー・キャンパス)!

まだ若い彼らだが、かなりの実力派バンドである、今日はそんな彼らを紹介しよう。

アメリカのミネソタ生まれのHippo Campusは高校生の同級生同士で構成されている。

メンバーは

ボーカルを務めるJake Luppen、ギタリストのNathan Stocker、ベースのZach Sutton、

ドラムのWhistler Allen、トランペットのDeCarlo Jacksonの五人だ。

 

2013年にデビューし、翌年の2014年のデビューアルバム「バッシュフル・クリーチャーズ」をリリースするとすぐにアメリカのフェスで活躍するようになった。

アメリカの若者たちから絶大な支持を得る彼らの魅力とは何か?

フェスなどでも活躍する彼らの魅力とはなんなのか?それは彼らのカラフルなイメージを思わせるポップ感、そして複雑で繊細な歌詞、これらをHippo Campusは独自の世界観で曲に盛り込んでいく。

若者ならではの感受性でポップを体現していく、時代の流れに流せれることなくあくまでも自分たちが考えるポップというものを表現しているように感じる。

特にこの曲が収録されているアルバム「Bambi」は海外でもかなりの高評価を得ていて、現代POPの代表とも呼べる作品になっている。

芸術家的な感性の持ち主

彼らのMVはそのほとんどが色やオブジェなどで曲のテーマを再現している。

彼らのMVはどれも背景がカラフルなものが多く、音を色に置き換えてイメージしているように感じる。

彼らの代表曲「Violet」、そして去年リリースされた「Golden」という曲がリリースされているのを見る限り、彼らにとって「色」が重要なテーマであることは間違いないだろう。

バンドネームの由来とは?

バンドの名前にもなっている「Hippo Campus」とは日本語では海馬を意味する。

海馬とは、人間の脳にある記憶を司る器官のことである。

しかしなぜこの名前になったのか。

ギタリストのネイサンは学生時代心理学のクラスにいて、ふとテキストの中でこの文字を見つけた。

単なるそれだけの理由らしいが、フロントマンのジェイクは

正直にいうと、考えられる中で最低最悪のバンドネームだったよ 。

とNMEのインタビューで答えている。

 

 

 

 

 

 

Popカテゴリの最新記事