フレディ・マーキュリーは生きていた!?マーク・マーテルはフレディの生まれ変わりだと話題に。

フレディ・マーキュリーは生きていた!?マーク・マーテルはフレディの生まれ変わりだと話題に。

現在世界で大熱狂のブームになっているQueen(クイーン)

ボヘミアン・ラプソディーをご覧になって知った方も多いだろう。

特にそのボーカルのフレディ・マーキュリーの歌唱力の高さは世界随一である。

天からの贈り物といっても過言ではないその歌唱力、しかし実はまだフレディが生きているといったらあなたはどうしますか?

まず1981年のフレディが実際に行ったライブを見て欲しい

驚くほど力強い高音と、時に透き通るほどの繊細さを見せる彼の歌声は、彼以外に出せないだろう。

特にこの「ボヘミアン・ラプソディ」は曲調が著しく変わり、いろいろな歌い方とテクニックが必要とされる。

次にこちらの動画を見て欲しい。

目を瞑ったらなおさら、フレディを目の前に感じることができるはずだ。

フレディは生きていたのかと思わされるほどの歌唱力だ。細かいビブラートや、ファルセットなどもそっくりである。

彼の名前はマーク・マーテル

7年前からYouTubeでQueenのカバーを上げており、その実力から海外のテレビ番組「Ellen’s Show」にも登場している。

このそっくりさからお気づきの方も居るかもしれないが、今回マークは大人気映画となった「ボヘミアン・ラプソディ」の楽曲にも参加している。

もちろんフレディを演じたラミ・マレクが歌っているのだが、実際は、ラミ・マレクの声、フレディ本人、マーク・ラーテルの声を掛け合わせて作られている。

なので、実際ボヘミアン・ラプソディを、作る上で課題だった楽曲に関して、彼は多大な功績を納めているのだ。

今年色々話題になったQueenだが、本当にフレディ輪廻転生を疑わないマークの歌声は驚きである。

今後も是非フレディがもたらした感動を、もう一度この世界にもたらして欲しいものである。

Newsカテゴリの最新記事