卓越したメロディーセンス、アコースティックで活きるKygoの曲

卓越したメロディーセンス、アコースティックで活きるKygoの曲

Kygo(カイゴ)はノルウェー出身のDJ、プロデューサーである。トロピカルハウスというジャンルを盛り上げた存在であり、トロピカルハウスの王様とも呼ばれている。

トロピカルと名がつくだけあって、南国を思わせる独特の音が特徴のトロピカルハウスは近年最も人気があるハウスミュージックの一つで、最近ではSigala、Jonas Blueなどが有名である。

基本的にハウスミュージック、ダンスミュージックはクラブやフェスなどで踊ったりノったりするために作られた曲である。なのでドロップと言われるサビ直後のメロディは盛り上がれるようにアップテンポで明るめの音やベースなどが用いられている。

もちろんKygoの曲もそうである、しかしKygoはピアノにとても長けており、彼の作るメロディは一味違う。

彼の曲は、オリジナルはもちろん、アコースティックバージョンでそのメロディが洗練されていることに気づくだろう。

例えばこのStole The Show Kygoの曲の中でも特にトロピカルハウスを感じられると思う。

そしてアコースティックバージョンはこちら。

Kygoは作曲するときにPianoを使う。恵まれたピアノの才能と、ピアノを地盤としたメロディーだからこそ彼の曲はアコースティック、オーケストラで深みが増す。

そしてKygoがコラボを決めたシンガーは全員表現力が素晴らしく、Kygoの曲の世界観を最大に引き出している。

次は代表曲Firestoneである

そして最後はオーケストラに挑戦したStargazingという楽曲である

ハウスミュージックでありながら、オーケストラで深みを増す楽曲を作ることができるのはKygo以外にはいないであろうと思っている。

それほどまでに美しくまとめられたメロディーはあなたの心を揺さぶるだろう。

日本来日を控えたKygoが日本のファンのために自ら選曲したJapan Collectionリリースしている。ぜひ公演前に聴いておきたいアルバムである。

Kygoalbaum

 

Danceカテゴリの最新記事